岐阜県瑞浪市議会議員選挙(2019)

告示日
2019.01.27 (日)
投開票日
2019.02.03 (日)
kano
得票数
321

加納 有輝彦かのう ゆきひこ

岐阜県瑞浪市

主な経歴

昭和56年3月 国立岐阜工業高等専門学校建築学科卒 御下賜金記念(財)産業教育振興中央会賞受賞
昭和56年4月 国債電信電話株式会社入社
昭和60年「科学万博‐つくば’85」にてKDDパビリオンの基本設計を担当。
人間・住居・環境と科学技術の未来について、多くを学ぶ機会を与えていただきました。
昭和61年(財)日本生産性本部「米国情報通信セミナー」に選抜され、全米を横断しながら、当時の最先端情報通信政策を学びました。
帰国後、ニューヨークスタテン島のインテリジェント・ビルの基本設計に従事。
このあいだ、仕事のため英語学習に励み、ネイティブとのコミュニケーションに不自由しない語学力を得ました。

~バブル崩壊後、地方で奮闘した壮年期~
平成2年 結婚を機に、帰郷、瑞浪市に転入。地元の酒造会社に入社。梶原県知事の時代、各種イベントに積極的に参加し、事業拡大のための手法等を、様々に学ぶ。
平成9年 消費税増税後の難局を乗り切るために、ランチェスター戦略社長塾にて「中小企業生き残り№1戦略」を、長山弘塾長の下で5年間学び、会社経営の厳しさを痛感する。
平成21年5月 政治活動開始。(酒造会社退社。現在建設関連会社勤務)
青年期は大企業にて社会貢献することの尊さを学び、壮年期は中小企業事業経営の厳しさを経験するなか、政治家として中小企業支援の政策を実行したと志しました。
平成23年 中小企業支援のため、ぎふチャンラジオ「ハッピーサンデー」に、経済コメンテーターとしてレギュラー出演を開始。現在も多数出演し、新たな問題提起・情報発信を行っています。
平成21年~30年 主に消費税減税を訴え、国政選挙に挑戦。

プロフィール

おすすめコンテンツ