曽我 周作そが しゅうさく

日本を、
強く、美しく、愛深く─

曽我周作960
曽我 周作 │ 幸福実現党

愛知県

幸福実現党 政務調査会 都市計画・インフラ部会長、愛知県本部代表

生年月日
1979.04.16(43)
曽我周作960

幸福実現党 政務調査会 都市計画・インフラ部会長、愛知県本部代表

曽我 周作 │ 幸福実現党

愛知県

生年月日
1979.04.16(43)
現住所
愛知県岡崎市
出身地
京都府京田辺市
最終学歴
大阪教育大学教育学部
主な経歴
HS政経塾 第2期生、元・(株)関電工

政策

グレタ教(カーボンニュートラル信仰)から日本のものづくりを守る

  • 性急なCo2削減目標を白紙撤回

 

Co2排出削減の目標、2050年までのカーボンニュートラルの実現を政府が世界に対して表明していますが、その目標達成にどれだけの犠牲を払うことになるのでしょうか。地球温暖化のCo2原因説は仮説にすぎません。

地球温暖化については、この問題は一種の信仰のようになっていますが、Co2排出削減目標は白紙に戻すべきだと思います。日本のものづくりの中心地である愛知県の産業を守ることは日本の産業を守ることでもあります。

 

増税を招く「バラマキ」をやめさせ、「勤勉革命」で成長を

  • 国会議員、国家公務員の給与を経済成長と連動

 

いま与野党ともに現金給付のバラマキ政策が当たり前になっていますが、現金のバラマキを公約に掲げて選挙に当選するというのは、合法的買収ではないでしょうか。幸福実現党は、このようなバラマキ政策には断固反対致します。

健全な財政運営は国家の存続と繁栄の基礎です。今こそ、二宮尊徳精神の復活(「勤勉革命」)が必要な時です。「個人個人が、自由に創意工夫し、勤勉に働いて、世の中を発展させようとする」、また「自分自身も豊かになって、世の中も豊かになるように努力しようとする」、「世間の風潮がそういうふうになってきたときに、産業革命などが起き、国がもう一段成長していく」ものと考えます。

国会議員及び国家公務員には、国の発展に責任を持たせて、国が発展すれば給与はあがり、経済がマイナスに落ち込めば、給与は下がるという、給与を名目GDPなどの経済指標と連動させる改革が必要だと考えます。

 

中国依存経済からの脱却

  • 製造業の国内回帰

 

中国国内で凄惨な人権侵害が行われていることが次々に明らかになってきております。ナチスにも比肩するような人権弾圧を行っている国家を、経済的に支えたり、依存したりすることは地球的正義に反すると思います。

確かに、中国との経済関係は、非常に強い結びつきになっているのは承知しております。しかし、お金で魂を売るわけには参りません。今こそ、中国依存の経済を脱却すべき時であり、製造業の国内回帰を推し進めるべきです。そして日本のものづくりの中心である愛知こそ、そのモデルとなるべきだと思います。

政策を発表する曽我周作

政策を発表する曽我周作

おすすめコンテンツ