江夏 正敏えなつ まさとし

江夏正敏960
江夏 正敏 │ 幸福実現党

福岡県

幸福実現党 幹事長(兼)選対委員長

生年月日
1967.10.20(54)
江夏正敏960

幸福実現党 幹事長(兼)選対委員長

江夏 正敏 │ 幸福実現党

福岡県

生年月日
1967.10.20(54)
出身地
福岡県北九州市
最終学歴
大阪大学工学部(中退)
主な経歴
大阪大学工学部、建設関係の企業勤務などを経て、1995年 幸福の科学に奉職(常務理事などを歴任)、HS政経塾塾長、幸福実現党総務会長 政務調査会長、幹事長などを経て、2021年8月より、幹事長(兼)選対委員長。

政策

現在の日本は、「国家存続の危機」にあるという認識に立ち、まず2つの問題を指摘いたします。

 

(1) 国防 ”奴隷の平和”から”正義のある平和”へ

中国の脅威が急速に高まっており、ウイグルなどに対する人権弾圧も行っています。中国による、台湾有事が起きた場合、尖閣・沖縄も戦火に巻き込まれる可能性も高まります。ウクライナの問題を見てもわかるように、日本が戦場になってもアメリカのバイデン大統領は、日本に兵を送らない可能性が出てきています。

一方では「大国となった中国には屈服せざるを得ない」という意見もありますが、中国による支配によって香港は「言論の自由」がなくなっています。幸福実現党は、奴隷の平和ではなく、正義のある平和を実現し、自由主義、民主主義、信教の自由、言論の自由のある国にしたい、幸福に生きられる平和を構築したいと考えています。

外交では、ロシア包囲網ではなく、中国包囲網を形成し、世界大戦や核戦争を防ぐために、日本がウクライナ問題を仲介すべきです。中露の分断によって中露北の三正面作戦を回避することが日本外交の要諦です。国防面では、国防の抜本的強化のため憲法9条改正、防衛費の倍増など、さらに核装備の検討に取り組んでまいります。

 

(2) 経済 バラマキから”自助努力の繁栄”へ

政府の借金1200兆円について、個人の金融資産から株式・年金などを除けば、資産は1400兆円であり、借り入れできる余力はあと200兆円しかありません。今後もバラマキを続ければ、政府は破綻し、倒産も増え、役所は閉鎖し、その先に超インフレが起き、年金制度が吹き飛ぶ恐れもあります。

やるべきはバラマキではなく”自助努力からの繁栄”。政府の無駄を省く『減量』を行うことです。つまり、企業と一緒で、政府自体も不採算部門のコストカットが必要で、デジタル庁や内閣府の廃止、国会議員の定数削減など徹底的に無駄を省き、減税と規制緩和を断行する必要があります。国民みなさんがしっかりと働く環境をつくり、『勤勉革命』を起こすことによって、実体経済を回復させてまいります。

他にも、「CO2地球温暖化説」は、シミュレーションで作られたフェイクであり、「脱炭素の嘘」を明らかにして、日本の自由と繁栄を守る必要があります。

また、他の政策には、政府のデジタル庁の創設など、国民の自由を奪う監視強化の流れに警鐘を鳴らすこと。コロナは中国の生物兵器であり、その責任を追及するべきであること。LGBTQについて、差別はいけませんが、社会の混乱を招くLGBTQの行き過ぎた権利拡大は抑止すべきであることを掲げています。

 

この国に「精神的主柱」を

最後に、国の存続の危機を招いている根本原因は、善悪の価値観が混乱しているからであり、人間は傲慢になるのではなく、神仏への信仰と謙虚な心が大切である。幸福実現党は、神仏が示す善悪に耳を傾け、それを実践し活動に展開していくことを強く訴えてまいります。

政策を発表する江夏正敏

政策を発表する江夏正敏

政策を発表する江夏正敏

 

【江夏正敏記者会見映像】

5月19日 江夏幹事長「参院選記者会見」

おすすめコンテンツ