えとう 和敏えとう かずとし

玖珠町

えとう 和敏
生年月日
1961.09.03(60)
出身地
大分県玖珠町
えとう 和敏
生年月日
1961.09.03(60)
出身地
大分県玖珠町
最終学歴
大分県玖珠農業高等学校卒
主な経歴
昭和57年バラ園開業
昭和58年・平成元年 農林大臣賞受賞
元幸福実現党大分県本部代表
玖珠森林組合総代 農業委員会推進委員(4月より)
玖珠町消防団64部部長
天祖神社元総代
花栽培の専業農家
趣味・資格など
アマゾンのナマズ飼育
連絡先
〒879-4521
玖珠町太田2639

お伝えしたいこと

玖珠町の皆様へ

私はえとう和敏と申します。八幡内匠に生まれ育ちました。現在、花栽培の専業農家です。そんな私はこの玖珠町が大好きです。この素晴らしい町を築いた先人の 方々に感謝すると共に、私も後に続く者として、玖珠町の未来に向け努力精進する所存でございます。今後とも、ご指導ご鞭撻ご支援を宜しくお願い致します。

私のポリシー

 

咲かせよう大輪のくす町!

農業所得向上の取り組み

2年連続の食味特Aを獲得した『玖珠ひとめぼれ』をブランド化し有利販売につなげます。そのためにも、安定した食味の維持、また、安全な野菜を生産するため堆肥センターを建設し有機栽培の農業を確立します。

(堆肥センターは現在処理に困っている大規模畜産農家の牛糞や今年度から稼働の合板会社から出るバーグを利用し優良菌で良い堆肥を生産します。)

頑張っている家族経営農家を支援し、美山高校と連携し特産物を創出します。

 

心から寄り添える福祉

今後、玖珠町は人口減少を続け、高齢者比率が上昇します。そのため医療施設、介護施設が足りなくなるため在宅医療、在宅介護の方向に進んでいます。家族で暮らしながら医療、介護を受けるのはとても幸せなことですが反面、色々な苦労が生じます。介護する家族も、介護される方も両方が幸せに成れる心のケアを充実させます。

 

自衛隊と共に歩む

玖珠町は、駐屯地や演習場を有し、国防に貢献する町として私の誇りです。そして、玖珠町にとって、防衛関係の交付金や助成金は、重要な財源の一つです。町民の安全性を充分担保しつつ、最大限の協力を行い、町財源の獲得に努力します。

おすすめコンテンツ