大瀬 ひできおおせ ひでき

大瀬ひでき

幸福実現党佐々町地区代表

生年月日
1950.08.09(71)
大瀬ひでき

幸福実現党佐々町地区代表

生年月日
1950.08.09(71)
出身地
長野県佐々町八口免
最終学歴
長野県立北松南高等学校[定時制](現:清峰高校)卒業
主な経歴
長崎県県佐々町立神田小学校卒業
長崎県佐々町立佐々中学校卒業
長崎県立北松南高等学校[定時制]
(現:清峰高校)卒業
元・消防署勤務
公民館学習グループ連絡会会長
佐々町ダンスクラブ会長
高齢者支援活動推進部長
幸福実現党佐々町地区代表
趣味・資格など
趣味: ジョギング
好きな言葉: 「初志貫徹」
連絡先
大瀬ひでき後援会
〒857-0337佐々町八口免898-2
連絡先:090-8225-9591

お伝えしたいこと

ご挨拶

自然が豊かで、町民の結束力も強く、温かい町民性のこの町で生まれ育ったことは、私の誇りであります。

先人の皆様が築き上げてくださった、素晴らしい伝統をしっかりと受け継ぎ、さらに豊かに、もっと元気にしていきたい、お世話になった佐々町に恩返しがしたいという一心です。

皆さまの声にしっかりと耳を傾け、共に力を合わせて、明るく力強い佐々町を目指し努力してまいる所存です。皆さまのご指導・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

元・消防士大瀬ひでき

皆様の”安心・安全”のために、働かせてください!!

高校を卒業してから38年間、消防吏員として勤めてまいりました。人の命を救う重要な任務を遂行するために、日々の訓練も真剣勝負でした。5階建ての建物火災の時には、重いホースと器具を抱え、一気に階段を駆け上り消火させました。また、救急の現場では、100キロを超える患者さんを二階の寝室から狭く複雑な階段を同僚と2人で汗まみれになって搬送した事もありました。私の人生の半分以上を占めている、この消防士としての仕事を通じて、精神力や判断力を鍛えられたことはもちろん、チームワークや団結力の大切さを身に染みて学ばせていただきました。71歳ですが、まだまだ体力には自信があります!残りの人生を、どうか、お世話になった佐々のために働かせてください。よろしくお願いいたします。

政策

様々なお声をいただき、本当にありがとうございます!

  • 通学路や暗い場所に、LEDの明るい街灯を設置してほしい。
  • コロナ禍で打撃を受けている業種に対して一時的な支援だけでなく、経営的なアドバイスもしてほしい。
  • 災害などに遭って避難する避難所において、ソーシャルディスタンスやマスク等コロナ対策を徹底してほしい。
  • 防災スピーカーの放送内容が聞こえにくい場所がある。
  • 公園の木や斜面の草が生い茂って危険な場所がある。
  • 無断駐車が多いと感じる。

 

大瀬ひでき3つの約束

守りたい!
あなたの夢、佐々の未来

 

①安心・安全の町づくり

  • 地域の防災、防犯を強化します。
    (空家対策、街灯設置、見守り強化)
  • 治水対策を強化し、水害に強いまちづくりを目指します。
  • 災害時の避難所整備(コロナ対策等)に取り組みます。
  • 公園、道路や河川等の整備を強化し、美しい町づくりを目指します。

 

②住み続けたい町”佐々町””

  • 孤立化を防ぐため、家族や地域で支える制度の充実をはかります。
  • 次世代を見据え、若者の力を生かすための雇用を促進します。
  • 子育てがしやすい環境整備をさらに充実させます。
  • 健康寿命を延ばし、生涯現役社会を目指します。

 

③佐々の経済を一歩前に

  • お茶や畜産などの特産品のブランド化を積極的に行います。
  • 成功している地元企業とのコラボや他地域の成功事例を取り入れ経済を力強く成長させます。
  • コロナ禍で困っている企業・商店向けに気軽に相談できる、経営相談窓口を開設致します。
  • 農業やサービス業など新しくチャレンジする起業家を育成・指導致します。

 

カジノ誘致に反対します!

すでに大きな社会問題となっている「ギャンブル依存症」を助長し、「マネーロンダリングの温床」となって治安を悪化させる恐れがある、IR(特定複合観光施設:統合型リゾート)誘致に反対します。

 


 


PDF

おすすめコンテンツ